今回の放送をみて次回どうなるか?

というのはこの下の記事で予想してみました。

 

崩壊に向けて、一度結集した

というのが第7話だったのかもしれません。

 

次週の放送内容について

あらすじ・ネタバレもしてます。

www.hinapishi.com

 

 

そういえば、上の記事では

家森が「巻 戻し」を何回も言っていたのに違和感があって

実はやっぱり、時間の流れが普通じゃないんじゃないか

時間軸にズレがある説もあながちないわけではないのか?

と書きましたが

 

そういえば、

 

幹生が寝袋に入った有朱を載せてダムまで来て

そしたら有朱が蘇って、車を盗んで逃げた

というシーンありましたよね?

 

この時にあった「おいおい!」という映像で

 

ドーナッツホールのバンが、山道をバックで逆走して走り去る

というのがありました。

 

あの映像・・よくみたら、そういう運転してるというよりも

どうも逆再生してるような感じでした・・(笑)

 

ということは、これもなぜか戻っているという・・(笑)

 

時系列をおかしくしていることの暗喩なのか?

それとも不可逆といっていたものが実は元に戻ることもある

と言っているのか。。

 

たしかに「不可逆」だったら、有朱は死んでますよね(笑)

それが生きていましたし。

 

そういえば、エンディングテーマ曲「おとなの掟」も冒頭で流れてましたし。

今回は「巻き戻る」回だったんですかね・・

 

カルテットが元に戻る

そういうことなのか・・?

 

#カルテット 見逃し配信動画はここでみる!無料で観る方法! - ひなぴし

 

ドラマ・カルテットBlu-ray BOXを安く買う方法!ウルトラソウルパンツ(ほぼ本物)をゲットする方法 - ひなぴし

 

 

カルテット1

カルテット1

  • 作者: 坂元裕二
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/03/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

別冊カルテット ドラマ「カルテット」公式メモリアルBOOK 【特別付録】カルテット オリジナルカレンダー (角川SSCムック)

別冊カルテット ドラマ「カルテット」公式メモリアルBOOK 【特別付録】カルテット オリジナルカレンダー (角川SSCムック)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/03/07
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 
TBS系 火曜ドラマ「カルテット」オリジナル・サウンドトラック

TBS系 火曜ドラマ「カルテット」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: オリジナル・サウンドトラック
  • 出版社/メーカー: SMD
  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 
ピアノ・ソロ カルテット/オリジナル・サウンドトラック

ピアノ・ソロ カルテット/オリジナル・サウンドトラック

  • 出版社/メーカー: ドレミ楽譜出版社
  • 発売日: 2017/03/07
  • メディア: 楽譜
  • この商品を含むブログを見る
 
おとなの掟

おとなの掟

  • アーティスト: Doughnuts Hole
  • 出版社/メーカー: Sony Music Labels Inc.
  • 発売日: 2017/02/07
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

おとなの掟

おとなの掟

  • Doughnuts Hole
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 #カルテット 第7話(2/28) 伏線、小ネタ、ネタバレ、あらすじ、Twitterツイートまとめ分析

 

 

 

もうすぐ7話ですよ #カルテット

満島ひかりさん(@ohicari.m)がシェアした投稿 -

 満島ひかりさんのインスタグラムに投稿された写真です。

これってドラマファンからしたら、最高の写真じゃないですか!?

というか、こういう写真ってなかなか出てこないですし。

これだけの俳優さんがそろって記念撮影なんてない。

なんか「ワカサギ釣り」っぽい感じですね〜きっといずれこのシーンが登場するんじゃないかと。

おそらく放送の2週間前ぐらいに撮影しているので、最終回の1回前、第9回かなと思います!

 

そうなんですよ!これ。

真紀さんに対する違和感。慈愛に満ちたような感じなのに、容赦ないところがある。

恋愛中は没頭するものの、別れるとなればスパッと忘れるタイプですかね。

詩集も暖炉に入れてましたし。

ここですずめが相当「こわっ!」という顔をしてましたけど・・

 

あれ?ということは、もしかして、高橋一生さんが言っていた

「怖っ!」っていうシーンは、ここだったのかもしれませんね(笑)

 

ここはおそらく、逆再生かなと思われます。

あまりにもわかりやすい可逆だったので(笑)むしろ笑ってしまいました。

幹生は湯川ダムから旧軽銀座まで歩いたようですが、13キロぐらいあるそうですよ。

2〜3時間ですかね(笑)

 

これ、言ってたんですか!?

カルテットでは死者は出ない、死ぬ人はいない、と。

もしそうなら、サスペンスと言いながら、サスペンスっぽいコメディと言った方がしっくりくるのかもしれませんよね。

有朱が死んだ!というシーンでも、幹生が離婚届を出す話で

香川で婚姻届出して長野で離婚届出したら、うどんとそばでどうなんだ!?みたいなこと言ってましたしね(笑)

 

これ、三谷幸喜さんの警部補古畑任三郎なんかに出てくる「赤い洗面器を頭の上にのせた人の話」みたいじゃないですか?

知ってますかね?何度もドラマ内にこの話が「おもしろい話」として別の登場人物が話そうとするものの、話の冒頭が終わった段階で話をやめてしまう(やめざるをえなくなる)というのが続く、というネタ。

あれっぽいなと思いました(笑)

今後の坂元裕二さん脚本のドラマでも毎回出てきてくれると嬉しいなと思ってるんですが・・

坂元裕二さんがコメディを描くこと自体がめずらしいんですかね(笑)

 

ここでは、すごく面白いマカロニサラダサービス券奪い合い事件を話そうとしたら

真紀が「柚子胡椒持ってこようか」と話をぶつ切りしてしまっていました。

 

この時の幹生の表情は・・「あ〜・・やっぱりな・・」みたいな。

やっぱりやっていけないかもしれない、この子とは。と思った気がしました。

こういうタイプの人は気持ちよく話をさせてほしいんだと思います。

でも真紀にとっては「その話のどこが面白いんだろ」と、その事件名を聞いただけで判断したのではないかと思われます。

そういうわからないところが好きと言ってましたが、なんというか、好きだと言い聞かせていた部分もありそうな気がしました。

 

曲のことは全くわからないんですが(^o^;

これが本当だとすると、たしかにすずめは恋愛経験は少なそう。

前にいた会社でもいじめられていたわけですし。

すずめが実は家森でも、別府でもなく、実は真紀のことが好きなんじゃないか?という話が出ています。

たしかに来週の放送で「すずめは自分の気持ちに気づく」とありますが

これはすずめが真紀のことを好きだと自覚するという意味かもしれません。

別府のことが好きとかなら、気づくというのも変ですしね。

 

 

別府が閉じ込められたいた日が2月6日説がありました。

ありましたというか、別府のスマホの日付はたしかにそうなってましたしね(^o^;

制作側のミスならまあ・・ですが、もし仮に本当に2月6日で時間軸がズレていたとしたら

巻夫婦が離婚届を出したのが2月17日になっていたので

10日間以上も監禁されていたことになります(笑)

まあ、あの倉庫にはふくろうドーナツが在庫でおいてありそうですし、飲み物もペットボトルぐらいならありそうな感じでしたけど。

そりゃあ10日間もあったら、袖がなくなるまでめくりあげるわ!という気が(笑)

ただ逆に、普通の人だと考えたらあそこまでするのはやっぱりおかしい(笑)

もしかしたら別府が真紀に盗聴器をしかけていて、夫との会話を全部聞いていたとか・・

「別府さんは袖がなくなってタンクトップになってたこともある」

という話を聞いたので、おそらく救出にきてくれそうな(それも盗聴で聞いていたとしたら)真紀が扉を開けてくれるときにはタンクトップになっていよう!

そう思っていた可能性も否定できません(笑)

あの倉庫、そんなに厚いの?!というね(笑)

それにしても、まず袖じゃないでしょ!

 

坂元裕二さんの恋愛観、結婚観が反映された結果かもしれないですし

もしかしたらドラマ同士のつながりを意識されたものかもしれません。

撮影地・ロケ地も別ドラマを意識した場所になっているようですし。

松たか子のシーンでHEROに出てきた場所を使っていたり、宮藤官九郎のシーンであまちゃんで使われた場所が出てきたりしてるみたいですから。

 

うーんと・・

急に帰ってきて、花が置いてあるのは不思議・・

帰り道にわざわざ花屋に立ち寄って、花言葉「忘却」の花を買って帰ったのか・・(笑)

そうだとしたら、真紀も最初から別れるつもりだったことになりますけどね。

 

 

まき もどし

と同じような話かもしれませんよね。

 

今回のお話は「巻き戻し」がテーマのようで

唐揚げレモンで言われてきた「不可逆」の反対、

「可逆」な回でした。

有朱も生き返ってましたしね。幹生が「確認した」と言ってましたし。