上記はNHKの大きなアンテナ、なんか「NHK」の下に「KDD」と書いてあるような気がして、最近KDDIフェチ?なわたしはちょっと撮ってしまいました。見間違いかもしれませんが・・・・。

さて、恒例のNHK-BS「熱中時間(鉄分補給スペシャル3)」の収録にいってきました。といってもわたしは出演ではなく、観客席で見ているだけです。

あまり詳しく書くといけないのかな?全体的に鉄道そのもの、機能そのものに迫ったものが多く、わたしなどはぜんぜんわからない単語ばっかりですが、興味を持てましたし、とても勉強になった気分、教養を得た気分です・・・。

たとえば、直流/交流なんて単語は、物理のときに習ったな~と思ったり、ブレーキや台車、パンタグラフ、設計、そういった要素によって鉄道が動くのだなあと、あらためて感銘を受けました。なんかそういう勉強したい!とさえ思いました。

人間を機械のように要素に分けても、AがBを動かすとは限らず、人間ならば、すべての部品が揃う事によって、ある要素が動かなくなったりすることもあるでしょう・・・・・わたしは人間行動を要素で予測することを、なかばあきらめている面もあるのですが・・・・そう考えると、設計すればある程度は予測どおりに動く鉄道というのは、なんと美しく、従順で、規律正しいものなのでしょうか・・・。

あと、うまく書けないのですが、「熱中時間」というのは、「こんなことが好きなの!?」というリアクションによって成り立っているというか、相対化というのか、そういうのを見ることで多くの方が楽しむような構成になっていたように思われます。ですが今回は、相対化を超えた絶対化、それぞれの方の思いの強さや知識の深さというのがなにより主役であり、それを静かに聞かせていただくような雰囲気があったように思います。鉄道の持つ深みが、「熱中ぶり」を「教養」に押し上げているように感じました。

VTRが多く、全般的に美しい映像がふんだんに出てきます。まだ先ですけど、鉄道に興味のある方は、ご覧いただくと良いのではないかと思います。

放送予定日

BS2 2008年10月12日(日) 19時30分~21時1分前

BS2 2008年10月26日(日) 16時~18時1分前

ついでに昨年の「鉄分補給スペシャル2」再放送が、

BS2 10月11日(土) 12時15分~13時44分 です。

最後に、お世話になりました皆様、お声をかけて下さった皆様、どうもありがとうございました。